カベルタという医薬品について

カベルタはシルデナフィルが成分であるバイアグラのジェネリック医薬品であり、インドの製薬会社によって医薬品が作られています。
バイアグラのジェネリック医薬品はインドでたくさんの種類の医薬品が製造されており、その中でもカベルタは人気を集めているジェネリック医薬品の一つなのです。
また、バイアグラが世に登場したときは医薬品の効果が優れていることから、勃起不全に今まで悩まされていた人に注目を集められていました。
ただ、バイアグラは値段が高いので医薬品を使い続けるのが難しいですが、しかしジェネリック医薬品のカベルタは値段が安く、経済的な負担を抑えるためにこのジェネリック医薬品を使っている人が多いようです。
このジェネリック医薬品はインドのランバクシー・ラボラトリーズ社が製造と販売をしており、ジェネリック医薬品を製造している全世界の会社の中では大手の企業といわれています。
またランバクシー・ラボラトリーズは世界各国に自社の工場を持っており、医薬品も世界中で販売されているので、どれだけの大きな製薬会社であることが分かるでしょう。
そして日本の大手製薬会社に第一三共株式会社という会社がありますが、実は過去に第一三共株式会社がランバクシー・ラボラトリーズ社を買収していることをご存知でしょうか。
これはジェネリック医薬品を販売するという目的で収益基盤を固めるために買収をしたのだと考えられています。
現在では国内で製造と販売がされているジェネリック医薬品はランバクシー・ラボラトリーズと提携している第一三共エスファ株式会社がしており、この事から、もしかしたらバイアグラの特許が切れたころにシルデナフィルクエン酸塩錠がジェネリックとして販売されることも考えられますね。
そしてジェネリック医薬品のカベルタもバイアグラもどちらも同じシルデナフィルという成分ですし、医薬品を飲んだ後に生じる副作用もほとんど同じだと言われています。
ちなみにこの医薬品を飲むとPDE5を抑制して血管拡張し、男性器に血流を増大させることによって勃起をサポートする仕組みです。
そのため、現在勃起不全の症状がある人は医薬品を飲むことが非常に有効とされています。
ただ、バイアグラとそのジェネリック医薬品はどちらも同じシルデナフィルという成分が入っていますが、製造方法が違うことから医薬品の作用時間や医薬品の強さなどの違いが少し出てくることがあるそうです。
しかし勃起不全を治療するという意味では、バイアグラもそのジェネリック医薬品も同じ効果を期待することが出来ます。
ちなみにカベルタの入手方法は個人輸入のみとなっています。
もちろんドラッグストアに医薬品が販売されてあるわけではないですし、クリニックに行ってもこの医薬品を処方してもらえません。
基本的に医薬品の入手は個人輸入代行業者からの取り寄せのみとなってしまいますが、使い方は簡単であり、気軽に医薬品を取り寄せることが出来るので安心です。

Comments are closed.